ダイエットと食事

ダイエットに取り組もうと考える方が最初に思いつくのが食事制限かもしれません。例えば成人女性の一日に消費するエネルギーは2000Kcal程と言われているので、それよりも低い摂取カロリーを心がけていれば、自然と痩せる計算です。

食事制限は確かにダイエットにとって重要なのですが、体を壊してしまっては意味がありませんし、無理な食事制限はリバウンドにも繋がります。体に必要な栄養はしっかり摂取した上で、今までに摂っていた余分な栄養を節約するイメージが大切です。

食事制限を行う場合でもタンパク質は削ってはいけません。タンパク質は牛肉、豚肉、鳥肉などの肉類や、サケ、鯖などの魚介類から摂ることができ、筋肉を作る上で重要な栄養素です。これらの食事を制限し一時的な体重を落とすことに成功したとしても、筋肉の量が少なくなってしまうため体の基礎代謝が下がり、結果的にはリバウンドしてしまう可能性が高くなります。基礎代謝値が高いほど、普段の生活における消費カロリーは上がるため、ダイエットを考えているのであれば筋力アップということも意識しておいた方が効率的なのです。

ですので食事制限を行う場合は炭水化物や糖質などを削ることを意識し、スナック菓子などの間食を取らないように心がけましょう。